設立の趣旨と沿革

○設立趣旨

一般社団法人全測連九州地区協議会は、九州沖縄各県測量設計業協会の親睦、融和、技術の向上、その他測量設計業界発展のための意見交換、相互協力を促進することを目的として、昭和52年12月17日設立した。

○沿革

 

昭和521217

(社)全測連九州地区協議会設立(九州7県測協で構成)、初代会長に木下義人(福岡県測協)が就任

事務局を、福岡市中央区天神3丁目福岡県測量設計業協会内に設置

53年 424

事務局を、福岡市博多区博多駅東1丁目1115号博多駅東口ビル内に移転

53年 510

2代会長に轟謙二郎(福岡県測協)が就任

54年 8月 3

轟謙二郎会長が辞任

541011

3代会長に野崎等(福岡県測協)が就任

59年 5月 9

3代会長に児玉暢幸(大分県測協)が就任

会長交替に伴い事務局を福岡県測協から大分県測協(大分市)へ移転

63年 512

(社)沖縄県測量設計業協会が加入(九州8県測協となる)

平成2年 510

5代会長に三浦一郎(福岡県測協)が就任

会長交替に伴い事務局を大分県測協から福岡県測協へ移転

12年 523

6代会長に徳永和人(熊本県測協)が就任

13年 4月 1

九地区協事務局を福岡県測協から分離独立

14年 527

7代会長に吉田多穀(宮崎県測協)が就任

141212

「公共物電子協会確定事業を推進する議員連盟」を設立(全測連)

18年 120

全国測量設計政治連盟が発足(全測連)

21年 4月 1

「測量の日」九州地区実行委員会の運営業務開始

22年 7月 6

宮崎県口蹄疫被害に対し宮崎県へ支援

23年 324

東日本大震災に対し東北3県測協(岩手、宮城、福島)へ支援

24年 4月 1

上部団体の(社)全国測量設計業協会連合会、一般社団法人へ移行

24年 7月 1

事務局を、福岡市博多区博多駅東2丁目5-28博多偕成ビルに移転

24年 8月 6日

九州北部豪雨災害に対し、3県測協(福岡、熊本、大分)へ支援

24年 8月 8日

組織名称を「一般社団法人全国測量設計業協会連合会  九州地区協議会」へ変更

地区協議会の事業内容(協議会規約第4条)

(1)関係官庁との連携及び交渉

(2)全測連に関する共通事項及び各県測協の情報交換

(3)グループ保険の取り扱いについて

(4)その他必要な事項